宮古島なら作りやすいアロエスープ

 

アロエベラは、視力回復にまで効果があるのかと思わせる情報がありました。

書籍「原式・視力回復法」で紹介されている原式・アロエスープは、すばらしい効果があるようですが作ろうとすると大きな問題があります。

まずは、材料と作り方です。

材料は、1日分の600ccを作るのに

・カブ 2個
・アロエ 8cm幅の葉を5cmほど皮をむいたゲル
・タマネギ 1個
・にんじん 1/2本
・干し椎茸 1個

です。

ここで材料のポイントは、カブとアロエです。

アロエは、アロエベラの生葉を皮をむいて使うのですが、本州など温暖でない地方では入手が困難です。

そこで、宮古島などアロエベラを容易に栽培できるような地方だと簡単に作れることが分かります。

アロエスープの作り方は、

(1) 材料をよく洗う(皮はむかない)

(2) 材料を大きめに切る

(3) 材料と3倍量の水を鍋に入れる

(4) 沸騰したら弱火にして2時間ほど煮込む

(5) あら熱を取ってガラス瓶などに移す

(6) 冷蔵庫で保存します。

何日分もまとめて大量に作った場合は、日が経つと酸化してしまうので冷凍保存するようにします。

飲む量は、1日に600cc、コップ3杯ぐらいなので朝昼晩と分けるのもいい飲み方です。

では、宮古島以外では諦めるのかという話になりますが、実はそうでもなくて2つほど方法があります。

冬場は室内に入れるようにして植木鉢でアロエベラを栽培する方法です。

もう一つは、もっと用意で100%アロエベラジュースを買って、そのアロエベラジュースを適量スープに入れればいいのです。