アロエベラのふるさと宮古島

アロエベラが高温の宮古島で育つ理由 宮古島といえば、沖縄本島よりも南にあるぐらいですから熱帯地方で暑い場所です。 そんな暑い場所でもすくすくと育つアロエベラにはその強さの理由があります。 それは一般的な植物とは光合成の仕方が違うのです。 光合成とは、酸化同化とも呼ぶのですが、植物の内部に酸を作り出します。 多肉植物独特の酸化同化の仕組みについてですが、歯の表面で光合成をするのではなく、内部にある多糖体の部分で行われるのです。 多糖体には、水分やミネラルが貯蔵されて

アロエドリンクで医者いらず

アロエドリンクで医者いらず 自家製のアロエドリンクを作る場合のいちばん強力な作り方はキダチアロエをそのまま使う方法でしょう。 キダチアロエをパウダーにしてそれを水に溶かして飲む方法です。 アロエを乾燥させてそのまま飲むわけですから残らずアロエの栄養素を吸収することができます。 ただ、最初は自分の体の変化に注意する必要があります。 例えば、おなかが緩くなったりする場合があります。 この程度の変化であれば問題ないでしょうが、もっと違った変化も十分に予想されます。

アロエ茶の効能

血圧を下げるアロエの効能 日本人において、高血圧の人、あるいはその予備軍というのはものすごい割合でいるようです。 高血糖値の人、その予備軍もすごい数のようですが、共に生活習慣病の代表的な症状です。 血圧を下げる効能がアロエにはあります。 アロエドリンクを使ってもその効能が得られることは間違いありません。 これは、アロエアルボナサイドなどのアルカロイドに、硬くなった動脈を柔らかくする効能があり、また狭くなった血管を拡張させる作用があるためです。 血管が広がっ

絶滅の心配のないアロエベラ

アロエジュースの原料として大規模に栽培されているアロエベラはどう考えても絶滅するような植物には思えません。 ところが、アロエというのはワシントン条約によって国際間での輸出入が制限されているのです。 ワシントン条約というのは、絶滅の恐れのある野生動植物に間する国際条約です。 これらの動植物が国際間で取引されることで絶滅の危機に瀕することを防ぐためにあるようです。 もちろん、これらの動植物の絶滅危機度というようなレベルがあって現段階では3段階に分かれているそうです。 ア

国産のアロエジュースが高い理由

アロエジュースというと、恐らく国内の消費量は海外産のものの方が多いと思われます。 理由は、販売業者の扱うアロエジュースが海外産のものに偏っているのがその理由と思われます。 なぜ、海外産のアロエジュースが多くなってしまうのか? 理由は簡単で、値段が海外産の方が安いからです。 また、産地が国内の場合は限られており、沖縄地方ぐらいでしかとれません。 つまり、消費量に対して、生産量が国内産だけでは全く追いついていないと思われます。 では、なぜ海外産のアロエジュースは安

アロエベラの食べ方

アロエベラの葉は、重さ1kgを軽く超えます。 長さ70cm以上はざら、厚さも3cm以上です。 この葉のどこを食べるかというと、皮をむいた中身であるジェルといわれる部分です。 味はないのですが、若干クセがあります。 慣れればなんともありませんが、慣れない人は続けるのは無理かもしれません。 この辺は個人差があるからどうしようもありません。 ただ、アロエの栄養は本当にすばらしいので我慢できるのであれば食べて頂きたいです。 アロエベラの食べ方です。 まず

アロエベラの下剤効果

アロエベラの研究は、100年ほど前に下剤の研究から始まったとされています。 ずいぶん前から研究されていたと言うことは、やはり効果が絶大だったからでしょう。 今では、アロエベラの成分であるアロイン(バルバロイン)が下剤成分であるとほぼ特定されているそうです。 このアロインは、アロエベラの皮の部分に含まれる成分です。 アロインは、医薬品として認可されて、胃のための健胃剤、お通のための通経剤に使われています。 下剤であるため、多く摂りすぎると下痢になってしまいます。